EDはストレスでなる?

EDについても、原因を分けると大きく2つに分かれます。
1つには血液の流れが悪くなるなどといった体の原因によるものがあります。
そして、もう1つが心因性によるものです。心因性となると、かなり改善にも時間がかかりものとなっています。
心因性のEDについても見ていきましょう。

男性は意外に繊細?

EDについても、誰でもなる可能性は十分にあります。それは年齢に関係ありません。
高齢になった場合には、動脈硬化になったり、血液の流れが悪くなるといったことから男性器が硬くならないわけです。その結果EDとなります。

しかし、若い男性の場合にはこうした血液や血管のことではなく、精神的、心因的なことから起こってしまうのです。
そのきっかけになってくるのがストレスです。現実の生活ではさまざまなストレスが私たちを取り囲んできます。それに気がつかないうちに、影響をうけてしまうのが現実です。
その結果、男性の大事な勃起力を失います。意外と男性なら、誰でもそうなる可能性があります。意外とナーバスだからです。

心因性については何種類も

まず、心因性についてはまずは緊張や不安や焦りや心配事など、さまざまな不安から起こりえす。普段の生活から、こうしたことになりえます。
さらに、彼女や妻といったパートナーとのセックスでの失敗やまた、パートナーから言われた言葉にショックを受けて、その結果心因性のEDになることもあるのです。
若い男性だとこうしたケースも後を絶ちません。

さらには、深層心理的なEDもあり得ます。悲しみや憎しみ、またコンプレックスなど普段の生活からではなく、幼少期からの体験や積み重ねからこそ起きるといったEDもあるのです。

あと、ここ最近で急増しているのは、うつ病といった心理的な病気から起こったりもするのです。うつ病の症状として、勃起不全も起こります。
さらにうつ病の治療薬のせいでEDになることもあります。これは薬の副作用ですので、うつ病の治療がおわれば、改善にも向かうのです。

クラチャイダムは効果を発揮するのか

やはり心因性となると、なかなか改善するのは大変です。しかし、飲み続けることで気持ち的にも前向きになってきます。それにより症状の改善も期待できます。ただし、速効性は薬のようにはありませんから、時間がかかることも忘れてはいけません。

もちろん、クラチャイダムだけでなくパートナーとの協力やさらには普段の生活見直しを進めることが大切です。